So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
食養医学 ブログトップ
前の10件 | -

食養生の基本 [食養医学]

食養生の基本とは何かと聞かれれば、それは「腹八分目」を守る事が一番にくると思います。
次に、最近は、激辛ブームで香辛料を摂り過ぎていますから、これも控えるのも大切ですね。
香辛料を過度に摂ると、体質的に炎症を持ちやすくなりますから、
知らない内に病気の種を作っている事になります。
日本の気候風土では、香辛料はお蕎麦に軽く七味を振るとか、白菜を漬ける時に鷹の爪を
数本落とすとか、お刺身に少し山葵を付けるとか、この程度が適当な所です。

東洋医学の食養生は、実際に食物を身体に摂りいれて、それがどう影響を及ぼすかを
重視しています。
食べ物には、身体を冷やすとか、温めるとか、老廃物の排泄を助ける等の
性質がありますから、体質的に合っているかを考えて食べるのが大切です。
時代的にも、成分を分析をする技術はありませんでしたが、
現代の試験管の中での成分だけで論じているのとはちょっと違うのです。
勿論、栄養が偏らないように、五大栄養素や摂取するカロリーの計算も大切ですから、
これが不必要な訳ではけっしてありませんが、体質に合うか合わないかも考えながら
食べ物を選んだ方がより良いと言えませんか。



トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お茶について [食養医学]

お茶は、李時珍の本草綱目(現代医学の薬理学にあたる)にも記載がありますが、
昔は薬として飲まれていました。
日本へ、お茶が中国から伝わった当時は、現在の煎茶ではなくて、
薬研で挽いた抹茶の形で飲まれていたそうです。
お茶は、神農が薬草を探す際、毒草を食んで中毒を起こした時に、お茶を飲んで中和をした
とも言い伝えられていますが、それがお茶の語源ともなっているんですね。

最近は、日本茶、中国茶、紅茶と、様々なお茶が飲まれていますが、
お茶には夫々に性質がありますから、出来れば用途に応じて飲み分けたほうが
身体には良いのです。

では、その飲み分けですが、
専門的な説明をすると長くなってしまいますから、
ここでは割愛しますけれど、
簡単明瞭に申しますと、
和食には日本茶、
中華には中国茶、
洋食には紅茶と、
その時に摂る食事に合わせれば、それで良いのです。
お茶は、その地方・その国の食事と共に発達した飲み物ですから。

茶葉の選び方は、苦味の少ない物が身体には良い。
余談ですが、苦いお茶を好む方は、胃が悪い傾向にあるのが特徴です。
最近、流行のカテキンが増量されたお茶については、
私個人の意見としては?マークであると思っています。


トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

塩分について [食養医学]

毎日、暑い日が続きますね。
気象庁によると、この暑さはもう暫くは続くそうで、考えると本当に嫌になります。
この暑さですと、汗をかく量も多いですから、それに伴って塩分も失われます。
一日の塩分の摂取量は決められていますが、最近になって一段と塩分の摂取量の
基準が引き下げられたそうです。
けれども、これは、高血圧やその他の病気を持っている方は、
当然、守った方が良いに決まっていますが、
それ以外の方は季節の変化によっては、
例外の場合もあっては良いのではないでしょうか。
今夏の場合ですと、塩分をあまり制限してしまうと、
身体に力が入らなくなってくる事もあると思います。
それに普段でも、肉食の多い方と、野菜食中心の方とでは、
食材のバランスの関係上、変わってくるのではないでしょうか。

塩には、精製したNaClと、自然塩の苦汁入りの物があります。
どちらも塩には違いありませんが、東洋医学の理論ですと
ちゃんと違いがあるんです。
塩気は五行の中の五味では鹹(かん)という味になって、
養う臓器は腎という事になります。
しかし、身体に必要な塩気でも摂り過ぎると、
五禁の法則で血液に粘りが出てしまいまい、
心には好ましくない作用が出てきてしまうんですね。
これは、生理学的も塩分を過剰摂取すると、
血圧が上がったり、血流が悪くなったりと、
心臓ポンプ作用に負担になってしまうので、
塩分の摂り過ぎは身体には良くないのは、
常識的に理解が出来ると思います。
しかし、東洋医学の五味五禁の法則では、
鹹を使う場合には合わせて使う味が決まっていて、
それが苦味なんですね。
苦い味は、鹹の摂り過ぎで起こる作用を防止する効果があって、
自然塩には普通の状態で苦汁が含まれていますから、
身体にはこちらの方が好ましいと言う事になるのが、お判りになると思います。
栄養学的に考えても、只の塩だけを摂るよりも、
色々なミネラル分が含まれている自然塩の方が優れていますし、
料理に使う場合でも味も豊かで美味しいですしね。

スポーツでも、塩分が不足すると筋肉の吊が出たりしてしまいますが、
特に減量を必要とする種目では、夏場は塩分の摂取方法が大切なファクターになります。





トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鰻と山椒 [食養医学]

明日、26日は土用の丑の日。
鰻を食べる風習がありますが、
これはとても理に適っているんですね。
鰻は、強壮作用がとても強い食べ物で、
東洋医学的には升性作用といって、
気を上に挙げる作用があるんです。
ですから、体力の弱い方や胃腸虚弱の方は、
夏場に鰻を食べますと元気が補充されるんですね。
それと鰻の蒲焼には、薬味に山椒を使いますが、
山椒には胃腸を強力に温める作用があって、
鰻の効能と相まって胃腸の機能を補います。
まあ、逆に言えば、
夏バテ知らずで体力が有り余っている方には、
あまり必要がないとも言えますが、
江戸時代から続く風習ですから、
土用の丑の日は鰻を美味しく召し上がってくだいね。

もうひとつ何故土用なのかについて、
その意味の説明もする必要があるかと思いますが、
これについては東洋医学の基礎が出来ている方でないと
よく理解が出来ないと思いますので、ここでは取り上げません。

そうそう、鰻は食べたいけど、ちょっとお値段がとう方に、
パック物の鰻の蒲焼を美味しく食べる方法をお教えします。
それは鰻の酒蒸しですが、普通のお鍋に日本酒を五ミリ位いれて、
弱火に掛けて沸騰したらフランべしてアルコールを完全に飛ばします。
その中に、パックの鰻を入れて、アルミホイルで落し蓋をして、
そのまま弱火で2~3分煮て出来上がりです。
そうすると、鰻をドンブリに移す際に、お箸で簡単に切れてしまう位に
軟らかく調理できて、とても美味しいですよ。
是非、お試しあれ。


トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

食養医学で熱中症対策 [食養医学]

梅雨明け宣言から、本格的な夏に入ってまだ日数が経っていませんが、
今年の夏も予想通りに暑い日が多いですね。
仕事を終えてネットをしていると、
熱中症で何人の方が救急搬送されましたとか、
何人の方がお亡くなりなりましたとか、
そんな記事を毎日目にします。
以前なら治療中に、
患者さんにはエアコンはなるべく避けた方が身体の為ですよ、
なんてアドバスをしていましたが、
私もここ数年はこんなアドバスも出来なくなってきました。
この暑さでは、体力の無い方や持病のある方、
それに高齢者は空調を効かせた部屋に居る方が
大事に至る確率が少ないと思いますから。
それでも、生活していると色々と用事もありますし、
仕事もありますから、ずっと部屋に篭っている訳にも行きませんよね。
東洋医学では、昔から、季節に応じて食べ物を変えて行く方法があります。
夏場ですと身体を冷やす食べ物を摂って、少しでも夏を過ごし易くする工夫をします。
その代表選手が、スイカではないでしょうか。
勿論、全ての方にスイカが良いとは限りません。
胃腸の弱い方や冷え性の方がスイカを食べ過ぎると、胃腸を損ねてしまいますが、
そうでない方は、週に何度かはスイカを食事の中に取り入れていくと良いと思います。



トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

腹八分に医者要らず [食養医学]

AFPの国際ニュースを見ていたら、
フードファイターの小林尊さんが
エビワンタンの早食いで二位となったそうです。
以前から、小林尊さんの記事をどこかで目にすると、
よくも、まぁ、あんなに食べられるものだと、
興味をもって読んでいるんですが。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2724619/5733806

東洋医学では、常人が食べられない量の食事を平気で摂れるとか、
消化の悪い食事をしても消化してしまうのを
胃が熱を持っている状態と考えていて、これを「胃熱」と言います。

この生理を利用して、胃の熱を高めて胃の働きを促進し、
食事を美味しく食べようと利用されるのが食前酒なんですね。

大昔、中国で祭祀が行われる際に用いられた、
お酒を貯める大きな銅器で「尊」と言う器がありました。
小林尊さんの名前は、「尊=たける」と読むそうですが、
名は体を表す、東洋美術の好きな私はいつも器の「尊」を
思い浮かべてしまうんです。
何かシャレの様な感じもしますが、物事って不思議ですよね。

◎尊(根津美術館蔵)
90069.jpg

普段から、健康を維持する為の養生の項目で一番目に来るのが、
「腹八分目」であるのはどなたでもご存知ですよね。
これど、これがなかなか出来ない。
今は何処に行っても食べ物が溢れていますし、人とのお付き合いなんかもある。
これを実行するのは、かなり意志が強くないとダメですもの。
しかし、「腹八分目」を実行できたなら、
生活習慣病の何割かは予防できるし、
強いては医療費の削減にも繋がると思いませんか。

小林尊さんには、健康に気をつけてフードファイトを頑張って欲しいですね。
今日は、ちょっと思いつきで書いた日記でした。


トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

柚子 [食養医学]

今日は冬至、一年の中で一番昼間の短い日ですが、
ご家庭では柚子湯に入られた方も多いと思います。
写真は、昼間、当院の裏庭で採った柚子なんですが、
今年は面倒をよく看た甲斐もあって、大振りな柚子が沢山実りました。
写真では判りづらいと思いますが、柚子の入れてある容器は煮物で使う
大き目のお鍋なので、柚子がどれ位まで育ったか判りますかね?

P1000753.JPG

柚子湯に入ると風邪を引かないと言われていますね。
東洋医学的には、橘類は皮や種子を薬として使います。
ご家庭では、食べ終わった蜜柑の皮を干してお風呂に入れて使いますが、
蜜柑の皮には身体を暖める作用があるので、浴剤として使うのは間違いではないのです。
食卓でも消化剤の働きを利用して、七味唐辛子の一部として使われていますし、
漢方薬では陳皮(ちんぴ)と言って、気の巡りをよくする理気剤として処方の中に使わています。
また、蜜柑を食べる時に、実の薄皮に白い糸屑みたいな物がありますけど、
これは去痰剤として使われます。
ダイダイの種子の枳実は、陳皮よりも作用の強い、気の塊りを散らす破気と言う効能がありますね。

栄養学的には、蜜柑の皮には毛細血管を丈夫にするビタミンPが、
果肉には腸壁の荒れを保護するペクチンが豊富に含まれています。

余談ですが、これからの季節には、薬味として、
鍋物や吸い物、漬物を漬ける時にも柚子の皮は使いますが、
包丁で柚子の皮を削ぐ時にコツがあるのをご存知ですか?
それは、表皮の黄色い部分だけにして、
下の白い部分は使わない事なんです。
でないと、料理に苦味が出てしまいます。
板前さんの料理に雑味が無いのは、
そこに気を付けているからなんですね。
お正月のお雑煮に柚子皮を香り付けに使う時には、
黄色い色の部分だけ使ってみて下さい。
味と香りが違いますよ。笑
トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サプリの前に [食養医学]

これを言ったら流行を否定する事になりますが、
食事のバランスが悪いから、
不足分をサプリメントから摂取しましょうなんて言いますね。
まあ、サプリメントを使うと、今風だし、お洒落な感じもしますが・・・。
けれど、真面目に健康の為を考えたら、先ずは食事を正すのが本当です。
サプリメントの中にも優れた製品もありますし、
飲めば体調が良くなる物もありますが、
それはあくまでも補助に過ぎず、
自然の素材から調理された食事に勝る物はありません。
それに、旬の食材を使えば美味しくて経済的だし、
調理の時間が無くても工夫次第でどうにでもなります。
仕事も遊びも健康があってこそ。
健康だと、運も上がります。
面倒だなんて言わずに、毎日の食事にもっと関心を持ちましょう。
トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

足し算と引き算 [食養医学]

最近の風潮で、栄養はアレを摂ってコレも摂ってと、足し算をする事ばかりですが、
その人にとって必要・不必要があります。
必要な物だと有効に働いて、その逆だと効果は無い物だと考えがちですが
そう都合良くは行きません。
健康になるには、不必要な物を引き算する事も、足し算と同じ位に大切なんです。
一度、ご自分にとっての取捨選択を考えてみて下さい。
トラックバック(0) 

シンジャーティー [食養医学]

最近、問診をする時に、生姜入り紅茶を飲んでいる方が多い事。
これも一種の流行なんでしょうけど、
あまりに多くの方が闇雲に飲まれているのには閉口しますね。
生姜は東洋医学では、生姜(しょうきょう)と言って、
身体を温める効果があるのは確かですが、
用途はちゃんと決まっているんです。
専門的には、駆風(くうふ)効果と言って、
体内の風(ふう)を排出するのに利用したり、
消化不良を改善したりするのに利用します。
民間療法でも、虚弱体質の風邪の初期に生姜湯を服用したりしますが、
これは風邪が皮膚のまだ浅い部分の肌肉(きにく)にある場合に、
生姜の発汗作用を利用して、毛穴から風邪を追い出す為に使用するのが
本当の意味なんです。
ですが、風邪が進行して発熱が酷くなった場合に飲むと、
生姜の肺を温める効果で熱が余計に上がってしまうのです。
東洋医学の場合、専門的には胃腸の働きが弱くて胃がもたれるとか、
腸にガスが溜まる場合にも使いますが、
これも万人に使える訳ではなくて、体質別にきちんとした診立てが大切なんです。
これを誤ると、生姜の刺激作用によって胃炎を起こしたり、
お腹が脹って腸がゴロゴロ鳴ったりと、体内のバランスを崩す原因となるのです。
ジンジャーティーを飲む場合にも、生姜は身体の水分を排泄する作用がありますから、
体質によっては身体が乾いて皮膚の潤いがなくなり、皺が増えてしまったりします。
ですから、美容的にも逆効果を出してしまっている場合も多々あります。
それと、生姜の刺激作用から、炎症や神経のイライラが酷くなったりと、
使い方には充分に気を付けるべきなのです。




トラックバック(0) 
前の10件 | - 食養医学 ブログトップ