So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
独り言 ブログトップ

津久井先生との思い出 [独り言]

時々、我が恩師の津久井先生について思い出す時があります。
今日も、家族とその話しになったんですが、
昔の師匠って何も教えてくれないのが師匠だったんですね。
大抵の人は見て覚えなさいって事なんですが、
私の場合はそれも無かった。
いつも、先生のお宅にお邪魔すると、
先生は弘法大師を信仰なさっていたので、
聞かされる話しはお大師様にまつわる話しばかりで、
治療の技術的な話しなんてひとつも有りはしませんでした。
私が、先生宅にお邪魔する時間帯は、
治療が済んだ時間が多かったので、捕まるともう大変。
炬燵に正座して、1~2時間は弘法大師の話しが続きます。
お陰で、弘法大師については、巷に言われている話しと違う
話しが聞けたのでとても為になりましたし、
今思うと、それもとても良い思い出であります。
肝心の、治療については、
「自分で覚えなさい。良い物を授けて貰うんだから、苦労するのは当たり前だ。」と、
先生は良くそう仰っておりました。
先生は、愛情もありましたが、技術面ではとても厳格であったのです。
けれど、結果としては、それが一番本人の為になるし、
そうでなくてはこの世界では生き残れません。

トラックバック(0) 

表現 [独り言]

私は患者さんにご説明をする時には、
なるべく専門用語は使わずに、
普段使う言葉に置き換えて説明をするように心掛けているんです。
専門用語で説明した方がそれらしいとは思いますが、
東洋医学の用語は判りづらいので、
なにも難しい言葉を使う事もありませんでしょ。
けれど、説明する側にとっては、
これの方が反って神経使うんですよ。
専門用語、一言で、済ませたほうが楽なんです。
それと、東洋医学的な説明をすると、
西洋医学の理論で解釈される方が殆どなので、
ここの所も工夫が必要なんですね。
独り言 ブログトップ