So-net無料ブログ作成
検索選択

内湿と外湿 [養生法]

ここに来てやっと梅雨らしくなって来ましたが、
身体が浮腫み易い人などは、
体調がすぐれなくなっている場合が見受けられます。
湿度が高いと身体に水分が余計にある人は、
外気の湿度が加わってくるので、
人により症状はマチマチですが、
体調の不良に繋がるものです。
こんな時は冷たい飲食物を避けて、
火を通した飲食物を摂るように心掛けると
宜しいものです。


http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

養生の意味 [養生法]

当院では、養生をとても重視します。
では、養生の意味は何であるのかと簡単に説明しますと、
治療を行う際に邪魔になる要素に気を付けると言う意味なので、
養生だけで病気を治せると言う意味ではありません。
良く、どんな事に気を付けたら良いですかとか、
どんな物を食べたら良いですかなどの質問をお受けしますけど、
養生だけでは病気を治す事は殆ど出来ません。
従って、養生は健康な内は体調維持に役立ちますが、
本格的な病気になってしまったら、養生だけでは役不足なのです。



http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

梅雨時の浮腫 [養生法]

梅雨時は湿度が高いのは当たり前ですが、
今年はこれに合わせて気温も高目で蒸す感じがします。
ここにきて、患者さんの中にも浮腫気味の方が増えてきました。
東洋医学では、湿り気は体内にある内湿と空気中の外湿に分かれますが、
この様な多湿の時期には、内湿の多い方は外湿の影響で浮腫が増す事があります。
体質的には、脾の働きの弱い方は外湿の影響を受けて、
身体に浮腫が出やすいのです。
脾は運化を司ります。
普段から脾の働きの悪い方は、
この時期に蒸し暑いからと冷飲食物を摂り過ぎると、
脾気の運化が余計に低下してしまい、
浮腫となって現れるのです。



http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

暦の上では春ですが [養生法]

先週から東京でも雪が降り、ここで体調を崩す方が目立ち始めました。
立春を過ぎて暦の上では春ですが、まだまだ、寒い日が続きます。
自然の力は大きくて、抵抗力のない方はどこからか冷えが入って
しまう事もあります。
治療中の方や持病のある方、または冷え性や虚弱体質の方は、
衣服と暖房の調整を小まめに行い、身体の冷えに注意をして下さい。
葉桜の季節までは、油断禁物です。


http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

湯治について [養生法]

寒くなりますと温泉にお出掛けになる方も増えて、
最近は湯治についてのご質問もよく戴くようになってきました。
寒い中、ゆっくりと温泉につかるのは、心身共に気持ちの良い事ですが、
湯治となるとちょっと意味が変わってきます。
身体には、バランス的に炎症を持っている部分と、冷えている部分を
どなたでもお持ちですから、湯治を治療目的でなさる場合には、
炎症がある部分の状態を考慮して行わなければならないからです。
それと、温泉につかるだけでは、臓腑経絡の調整は出来ませんから、
この点は鍼灸治療と同じ効果は求められませんね。
勿論、昔から湯治をして身体が良くなった方の話しも沢山ありますし、
温泉につかる事で血液やリンパの循環も改善されます。
けれども、何事にも適材適所がありますから、
ここの所はよく考えておくべきだと思っています。


http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬は閉蔵 [養生法]

明日は、12月並の気温だそうですが、
先週あたりから、秋から冬の気候に変わってきていましたね。
黄帝内経素問では、「冬は閉蔵」の季節だと言っています。
これは、人体においては、精気が身体の奥に仕舞いこまれると言う意味です。
日常生活では、この仕舞いこまれた精気を消耗しないように、
静かに生活するのが冬に適した過ごし方であると説いています。
これからの季節は、精神的にはノンビリユッタリと、
健康維持の為に運動をしている方は運動量に注意し、
また、伊達の薄着は止めて身体の保温にも留意しましょう。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

腹八分目と腸内環境 [養生法]

腸内環境を整えるのに、ヨーグルトを食べたり、オリゴ糖入りの食品を食べたりします。
けれども、その前に食べ過ぎをして、胃腸の機能を超えた食事を摂っていたら、
そのせいで腸内環境は崩れてしまいます。
消化が不十分なままの食物が腸内に運ばれれば、腸内細菌のバランスも崩れてしまい、
ガスの元となる異常発酵や、お通じの異常となって現れます。
ですから、腹八分目を守るということは、腸内の環境も守ることにもつながるのです。
サプリメント食べることも良いとは思いますが、
食べ過ぎをしていては、幾ら良いサプリメントを食べても意味がなくなってしまいますよね。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

養生法とは取り扱い説明書と同じです [養生法]

養生法とは、例えたら機械の取扱説明書と同じです。
幾ら品質の優れた機械でも、正しく扱わなければ性能は発揮出来ませんし、
使用法を誤って使えば故障の原因ともなります。
人間の身体も、これと同じに、基本的な養生法を守る事が大切です。


養生法は普段の健康を維持する為にも必要ですし、
病気治療中は勿論の事、治療が済んで健康になった後でも守る事が大切です。
もう、健康になったのだからと不摂生を続ければ、健康を害してしまうのは
言うまでもありませんね。
また、大した病気もなく生活出来ている人でも、生まれ付き丈夫な人と、
虚弱な人とでは線引きの部分が変わってくるのは当然です。
ですから、自分に合った養生法を見つけられたら、
それが貴方の身体の取扱説明書だと思ってください。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

容平 [養生法]

秋の彼岸に入りましたね。
素問には、「秋は容平」とあります。
これは、活動的な夏の季節から、万物の活動も平らに収まっていくという意味です。
まだ、日中は気温が高いですが、もう秋の気候も混じっています。
そろそろ、食べ物は冷飲食物を控えたりと、夏の習慣は終わりにして、
生活のパターンもセカセカカッカとしないで、ノンビリとした気持ちで生活しましょう。
これが、秋の気候に適した養生法です。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

人の身体は思っているより繊細です [養生法]

どなたでも、今日は体調が良いとか、優れないとか、そんな日があると思います。
その日の体調は、お天気の影響や、少し前に摂った食べ物の影響で、
そうなっている場合もあるのです。
当院でも、治療に見えた方に、食事等のご指導をしたりしますけど、
中にはこんな細かい事が影響するとは思えないと仰る方もおられます。
けれど、人間の身体は、そんな些細な事によって、影響を受けている事もあるのです。
まあ、あまり細々と考えてばかりいても生活し難くなりますけども、
ここは己に厳しくした方がよい、ここは適当にしていてもそんなに影響が出ないと、
こんな違いが判るようになると、健康を保つのが楽になりますし、治療の予後も変わってきます。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。