So-net無料ブログ作成

笹川博義をよろしく [独り言]

昨日、立川駅まで出掛けたら、小池百合子さんが街頭演説を行っていて
黒山の人だかりでした。
私の同級生の笹川博義君も選挙戦まっただ中です。
今回、当選すれば三回目の議員当選となりますが、大丈夫でしょう。
選挙と言う物は、日頃の行いが物をいいます。
皆さん、応援、宜しくお願い申し上げます。
頑張れ、笹川博義!!!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

NHK人体 [独り言]

NHKの人体の放送をご覧になりましたか。
来年、三月にかけての放送なので、まだ、初めですが、
番組を観たらNHKらしくお金が掛っているのが良く判りました。
番組を観た感想は、現代医学らしく進んだところ、
はてさて、東洋医学の方がまだまだ秀でている部分もあると思いました。
東洋医学は、旧石器時代からの積み重ねで来ていますから、
データー重視の実践医学と言えます。
勿論、現代医学の力で命を救われた人は沢山いますので、
こちらも重要な治療法です。
でも、慢性関節リュウマチ(RA)や腎臓の機能の解釈は、
東洋医学では解決済みですので、
内科的治療は漢方の方が理にかなっていると思われます。
さて、これからどの様な放送がなされるのか楽しみですね。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

やれやれ [独り言]

治療家なら、大部分が同じ経験をしている事と思いますが、
患者さんの中に診立てをご自分でなさってしまい、
こちらがご説明しても反論ばかりされる方がいらっしゃいます。
これをやられると、治療をする気と言うかヤル気が一気に半減するんですね。
私なんか、根が単純な性格なものですから、
そんなにご理解が有るなら、ご自分で治療されたら宜しいのに、
と思ってしまうんです。
私の技術や知識が否定されている訳ですから。
知っているのと、出来るのとは全く次元が違うんです。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

行と学 [独り言]

物事を学ぶには書物(学)を読む事と、実践(行)を通して会得する
方法があります。
一番良いのはどちらにも偏らずに、行と学が半分半分の比率が
理想的と言われています。
けれど、人間の心理は面白いもので、本に書いてあるとそれが
全て本当であると思ってしまう事が多いのではないでしょうか。
私など、本ばかり読んでいる人はあまり信用しません。
実際、この人は自分の言葉で語っているのだろうかと、
そこを重視しています。
全ての品物に上品・中品・下品のランクがあるのと同じで、
本にもそれがあります。
一般論だけ寄せ集めて書かれた物から、
優れた内容の書かれた物まで玉石混交です。
ですから、全て鵜呑みにするのではなくて、本を手にしたら、
この本の情報は本音と建前、どちらで書かれているのだろうかと
判断して読んでいくのが大切な事だと思うのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

こだわり [独り言]

私がこの仕事を始めた時に幾つかの決め事をしましたが、
そのひとつに他所にはない、しっかりした治療をすると言うのがあります。
それは、目先の効果だけではなく、治療が済んでも経年変化の
少ない治し方をしようと言うものです。
この治療方針は、治療に要する時間もそれなりに必要となってきますので、
患者さんのご理解も頂かねばなりません。
けれども、治療が済んで何年かしてご本人と顔を合わせる機会があると、
今になってみると、と喜んで戴けている事が多いのも事実です。
経営的にも、これが一番大変なんですが、
今の世の中、当院みたいな処があっても良いんではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

津久井先生との思い出 [独り言]

時々、我が恩師の津久井先生について思い出す時があります。
今日も、家族とその話しになったんですが、
昔の師匠って何も教えてくれないのが師匠だったんですね。
大抵の人は見て覚えなさいって事なんですが、
私の場合はそれも無かった。
いつも、先生のお宅にお邪魔すると、
先生は弘法大師を信仰なさっていたので、
聞かされる話しはお大師様にまつわる話しばかりで、
治療の技術的な話しなんてひとつも有りはしませんでした。
私が、先生宅にお邪魔する時間帯は、
治療が済んだ時間が多かったので、捕まるともう大変。
炬燵に正座して、1~2時間は弘法大師の話しが続きます。
お陰で、弘法大師については、巷に言われている話しと違う
話しが聞けたのでとても為になりましたし、
今思うと、それもとても良い思い出であります。
肝心の、治療については、
「自分で覚えなさい。良い物を授けて貰うんだから、苦労するのは当たり前だ」と、
先生は良くそう仰っておりました。
先生は、愛情もありましたが、技術面ではとても厳格であったのです。
けれど、結果としては、それが一番本人の為になるし、
そうでなくてはこの世界では生き残れません。
津久井先生にとっては、私が唯一人の弟子になるのですが、
良くもまあ弟子と認めてくれたと、感謝、感謝であります。

表現 [独り言]

私は患者さんにご説明をする時には、
なるべく専門用語は使わずに、
普段使う言葉に置き換えて説明をするように心掛けているんです。
専門用語で説明した方がそれらしいとは思いますが、
東洋医学の用語は判りづらいので、
なにも難しい言葉を使う事もありませんでしょ。
けれど、説明する側にとっては、
これの方が反って神経使うんですよ。
専門用語、一言で、済ませたほうが楽なんです。
それと、東洋医学的な説明をすると、
西洋医学の理論で解釈される方が殆どなので、
ここの所も工夫が必要なんですね。
コメント(0) 

治療していて思う事。 [独り言]

誰も好きで病気になる訳ではありませんが、
治療をしていると治りの良い方とそうでない方がいます。
それは、本人が病気を自分自身の問題として真摯に捉え、
素直な心で治療に取り組む方は治りの良い方であると言えます。
それとは逆に、病気を他人の所為にして心が定まらない方は、
時間を無駄にしている方だと思うのです。
治療期間中は身体を治すのは勿論ですが、
精神も前向きに変えて行かなければならない時期でもあるのです。
厳しい意見ではあると思いますが、治療をしているとそう思うのです。






方法論 [独り言]

よく治療の方法とか、健康食品について、ご自分で工夫される為に
質問される方がいらしゃいます。
当院では、なるべくお答えはする様にはしていますが、
本当の話し、これってプロからしたら?なんですね。
治療をしていく上では、身体の状態は絶えず変化して行きますから、
これに追従して治療も変えて行かないと意味が無いんです。
また、治療と合わせての養生法は、双方が補完し合う様に考慮する
ものですしね。
それと、他所でこう言われたからと聞かれても、答えようが無いんですね。
治療って、術者によって治療方針や病態の捉え方が違うので、
答えはひとつじゃありませんから。
最近は、ネットで情報が容易く手に入れられる環境になりましたが、
やはり治療はその方が信頼出来ると思われる治療家に任せるのが
良いんだと思います。
治療は技術と知識が揃って、ひとつの形になるのですから。

分類 [独り言]

最近はスポーツ鍼灸とか、鍼灸も色々な分野に分かれていますが、
運動器も内臓疾患もひとつのものとして診るのが本来の鍼灸の姿なんです。
木を見て森を見ずではいけません。
東洋医学は調和の医学なんですから。

メッセージを送る