So-net無料ブログ作成

梅雨時の浮腫 [養生法]

梅雨時は湿度が高いのは当たり前ですが、
今年はこれに合わせて気温も高目で蒸す感じがします。
ここにきて、患者さんの中にも浮腫気味の方が増えてきました。
東洋医学では、湿り気は体内にある内湿と空気中の外湿に分かれますが、
この様な多湿の時期には、内湿の多い方は外湿の影響で浮腫が増す事があります。
体質的には、脾の働きの弱い方は外湿の影響を受けて、
身体に浮腫が出やすいのです。
脾は運化を司ります。
普段から脾の働きの悪い方は、
この時期に蒸し暑いからと冷飲食物を摂り過ぎると、
脾気の運化が余計に低下してしまい、
浮腫となって現れるのです。



http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る