So-net無料ブログ作成
検索選択

七年の疾に三年の艾を求める [お灸]

「七年の疾(やまい)に三年の艾(もぐさ)を求める」

これは、鍼灸師なら誰でも知っている、
孟子の有名な詞です。

意味は諸説あって、
七年間掛けて悪くなった身体を治療するには、
三年分の艾を用意しなさいと言うのが、
良く鍼灸の専門書で解説されている言葉です。

もう一説は、
七年間も病にありながら心掛けが悪く、
三年間乾かした良い艾を求めても得られるものではない。
(実際、艾は長く空気に晒した陳久(ふるい)な物ほど良い。)
これは、物事は急になにかしようと思っても、
直ぐには成し遂げられる物ではなくて、
日頃が大切ですよと言う事を説いているんですね。
孟子の言いたかったのは、こちらの方なんですが、
どちらにしても、成る程と思う言葉だと思いませんか。


http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。