So-net無料ブログ作成
検索選択

「空海と密教美術」展 [美術]

201107241759000.jpg


東博で20日から始まった、「空海と密教美術」展へ出掛けて来ました。
先に感想を述べますと、やはり空海は日本一の書の達人ですね
第一会場に展示してある聾瞽指帰(ろうこしいき)なんて観ると、
巧いとしか言いようがありません。
空海は、この時代の書の三筆に選ばれていますけど、
嵯峨天皇や橘逸勢なんかよりも、数段上ですね。
その他の時代の三筆と比較しても、空海は抜きんでていますし。

今回の展示は、会場が空海の書が中心の展示と、密教美術中心の会場に分かれています。
勿論、展示品は殆ど文化財か国宝なので、全て素晴らしいに決まっているんですが、
今回、特に印象に残ったのは、
第一会場入り口の、空海御影と聾瞽指帰、それに皇帝から賜ったという金の数珠でした。
第二会場では、なんといっても東寺講堂の仏像曼荼羅を再現してある仏像群ですね。
この仏像曼荼羅の展示会場全体の気の素晴らしい事。
ここ場所に暫く居ると、どんどん気が浄化されてきて、とても身体が気持ち良い。
まるでお風呂上りの様な感覚と言いましょうかね。
これはエネルギーの変化に敏感な方なら、きっと感じ取れると思いますので、
日頃、ストレスが多い方なんかは、ちょっとお出掛けになられては如何でしょうか?

http://kukai2011.jp/

私自身も、弘法大師のお灸を生業としているのもありますけども、
期間中には架け替えが三度行われるそうですので、
また、時間を作って尋ねてみたいと思っています。


http://www003.upp.so-net.ne.jp/tm-synq/



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。